2020年2月 アポロン英語塾の隣に、ユウリカ!国際予備校 開校
受験成功実績十分のプロ講師がそろっています。 自習室も完備! 最高の学習環境を提供します!

TOP | ユウリカ!国際予備校 | Eureka!国際予備校の生徒・保護者様との対談

Eureka!国際予備校の生徒・保護者様との対談

Eureka!国際予備校の生徒・保護者様との対談

Eureka!国際予備校の生徒・保護者様との対談の一部をご紹介いたします。

対談
 

Eureka ! 国際予備校 塾長 : 牧野 裕介

 

私立高3年生 : Cさん

 
 
 

C と出会ったのは、アポロンのオープン直後、 C が高校生になる直前だったよね?
 
そうですね。弟がこの塾に入るかも?って時に、私も高校生になるタイミングで。母親から「高校になると英語のレベルもあがるから、行っておいた方がいいんじゃない?」みたいな感じですすめられたんですよね。
 
そうそう、それで、英検2級も取らなきゃって感じで。で、アポロン初の高校生として、入ってくれたんだよね。 Thanks!
 
英検 2 級に当時落ちてたんですよ。その前の級までは特別に勉強しなくても受かってたから、初めて落ちたことで危機感を感じてました。当時アポロンは高校生を受け入れてなかったので、入れてもらえてこちらこそ感謝しています。
 
で、とりあえず『英検2級に合格する』っていうのを目標にして。頭の回転が速い子だとは思ったけど、語彙がなかなか増えないで、最初は大変だったよね?
 
暗記作業がもともと好きじゃないですからね。単語集買って満足するタイプ。
 
そうそう笑 読解力も高いんだけど、語彙が足らずに選択ミス、が多かった気がする。
 
明確な根拠が見つからなくて、消去法がまともにできなかった。「どの単語もわからない」ってなってたから
 
で、問題集の、読解問題を中心にやって。キーワードの見つけ方、リフレーズ、パラフレーズされた箇所の見つけ方、マーキング、、、ちゃんと根拠を探すようになってから、正答率が安定してきたよね。
 
確かそう。問題文と照らし合わせて大事な部分を見つけることはうまくなったと思う。文章をちゃんと読解することで単語の意味とかをとらえるようになって語彙力も増えたような気がする。
 
そして、見事合格! でもその後、次の目標が見つからずに、しばらく迷走したよね笑 でもそのおかげで、学校生活のこととかをよく聞かせてくれて、 C のことが結構理解できたのよね。
 
そう。特に何か目指すものがなくて、なんとなーくやってた。それで気が緩んでたから話したのかなぁ
 
それから、音読の指導とか、学校の英語スピーチ原稿を添削してあげたり、オーストラリア短期留学のお手伝いをしたりしていたら、 C の英語力がグングン上がっていったんだよね。
 
そうですね。一冊の本を精読したり、文章を要約したり、で特定の何かというよりは色々な経験をさせてもらって、全体的に英語力が上がったと思います。
 
で、そろそろ目標が欲しいね、っていう感じで、英検準1級を目指してみようか、と。
 
そう、なんか学校の成績とかよりは将来的に役に立つものが欲しくて。値段も英語の試験の中では割と手軽な英検を、まぁ高校卒業するまでに取れたらいいなぁっていう、「夢」に近かった気がする。取れるとは思ってなかったから
 

それで、お試しみたいなノリで受けてみたら、バンド-5だった。ライティング力は安定していたから、これは、「あと2回くらい受ければ、いけるかな?」と思っていたら、、、
 
次でイケてしまってビックリしました。絶対に運もあると思います。本来なら受かるはずないと思ってましたし。受験直後も、手ごたえをそこまで感じませんでした。
 
私もです笑 でも、基礎単語だけに絞って、集中的に語彙強化に取り組んでいたよ。面接試験の方の対策も、何回かしたよね。社会的なテーマについて意見を言うのに、苦労していたね。決め手は何だったんだろう?
 
自分の語彙力で、説明する力だと思います。私は語彙力が高い方ではなかったけれど、その分自分が表したいものを似たような表現で表すことが出来た。この力を授業中のスピーチやディスカッション、文章の要約を辞書を使わずにすることによって、鍛えられたのが大きいと思います。
 
多読も毎週やってたよね。小説からノンフィクションまで、結構幅広いジャンルの本を読んで、毎回要約していたと思う。
 
そうですね、もともと小説が好きなのもあったし、科学系統も興味があったし。多読で新しい知識が増えていくのも楽しかったですしね。
 
さて、そろそろ目標が欲しくなってきたでしょ?
 
一年前と同じ様なやりとりですか